坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状は、おしり~太ももの裏~ふくらはぎ~足の甲、足の横の部分や足の裏まで といった具合に神経の走行に沿った痛みのことを言います。
長時間立っていたり逆に座っていたりや、 太ももの裏を伸ばすようにおじぎをするような動作で痛みが出る場合が多いです。
坐骨神経痛を起こす原因として椎間板ヘルニア、変形性脊椎症(骨が変形してトゲが出てしまう状態)、 脊椎分離すべり症、脊柱管狭窄症、お尻の筋肉の緊張による神経の絞扼などがあげられます。

緊急に手術や専門医の治療が必要な膀胱直腸障害などの出ている場合を除いて、 坐骨神経痛の場合ほとんどが骨盤、骨格の状態を整えてあげたり経絡の流れを良くすることにより解消されます。

但し程度によっては期間がかかる場合もあります。

坐骨神経痛の施術の流れ

【1】ヘルニアの疑いなどないか?神経学的なテスト法などを行って参ります。
【2】骨格の歪みの影響でも坐骨神経痛や足のしびれ症状は出てきますので、歪みのチェックなども行います。
【3】反対の方向への動きや筋肉の張りなどを検査していきます。
【4】足のしびれがどのエリアに出ているのか?
【5】足の感覚なども触診にて調べていきます。
【6】おしりの筋肉の緊張によって、坐骨神経が締め付けられて症状を発する場合もよくあります。 しっかりとおしりの筋肉をゆるめていきます。
【7】おしりには何層にも様々な筋肉が存在しています。深い層の筋肉にもアプローチしていきます。
【8】腰の骨の位置が悪くても坐骨神経痛様症状を発するので、この部分の調整も大切です。
【9】骨盤の歪みを整えて、終了です。