あおやま鍼灸整骨院 結城店

ブログ

結城市 整骨院 有痛性外頸骨

logo1

ブログ担当、青山です。

有痛性外頸骨の治療について

スポーツをしている10~15歳の学生に多いくるぶしの痛み、原因は過剰骨かも?

下記のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

  • 足の内くるぶしの前足底側に硬い隆起物がある
  • 硬い隆起物を押すと痛みがある
  • 運動をすると隆起武に痛みが出る
  • 偏平足
  • 両足共に症状がある

有痛性外頸骨とは?

人間の足にはいろんな場所に過剰骨(余分な骨)を持っているのですが、土踏まずにある過剰骨のことを外脛骨といいます。この外脛骨は、あっても痛みがない場合もありますが、痛みを有する場合に有痛性外脛骨と呼ばれます。

有痛性外頸骨の原因

有痛性外脛骨は外脛骨という足の舟状骨という骨の内側に存在する過剰骨(普通にはない余分な骨)に痛みがでることで起こります。

足底に負荷が大きくかかるスポーツ、サッカーや陸上競技、バスケットボールなどの競技をする上で起こる可能性が高いです。

また、捻挫などで歩行姿勢が変わったときに土ふまずの外脛骨に負担がかかり症状が引き起こされることもあります。それだけでなく、偏平足で足底の土ふまずの部分と地面が接地しやすい足の構造を持っている人はとりわけ上記にあげたサッカー等のような激しい運動をしていない大人の方でも日常生活の歩行や立ち仕事だけでも外脛骨に疲労がたまって、それが炎症を引き起こして、この有痛性外脛骨の症状を持つこともあります。

hyakusen_bnr

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る