あおやま鍼灸整骨院 結城店

ブログ

結城市 整体院 オスグッド病

logo1

ブログ担当、青山です。

今回はオスグッド病についてです。

オスグッド病ってなに?

オスグッド病(オスグッド・シュラッター病)は、思春期の男児に多くみられる膝下の痛みで、スポーツをしているお子さんに多い症状です。成長痛とか、スポーツ障害と呼ばれることもあります。

成長期の子どもの脛骨粗面(膝下)は、まだ軟骨部分が多く弱いので、運動などにより、繰り返し脛骨粗面に負担がかかると、その部分に炎症が起こり、過剰に骨が形成されて突変形を起こします。

膝下が大きく腫れていたり、痛みがひどく歩くのも苦痛な時は、軟骨が剥離していることがありますので、整形外科を受診しましょう。

オスグッド病の原因は?

image001

心当たり、ありませんか?

・激しいスポーツをし、疲労が回復する前に、さらに負担をかけてしまっている。

・運動の前後にストレッチなどをきちんとしていない。

・体が固い。

・同じ動きを繰り返し行うスポーツをしている。

大きな原因の一つに、『使いすぎ』があげられます。成長過程の体はとてもデリケートです。

同じ動作を繰り返し行って、骨・腱・筋肉などに疲労がたまると、オスグッド病などのスポーツ障害が起こります。

走る、跳ぶ、蹴るなどの動きをする時は、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が収縮します。

この筋肉は、膝のお皿(膝蓋骨)を介して、脛骨粗面に付着しているので、繰り返しの動作により、付着部分が引っ張られると、炎症が起こります。

ひどくなると、脛骨粗面の軟骨が隆起や剝離(はがれる事)が起こりオスグッド病となります。

hyakusen_bnr

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る