あおやま鍼灸整骨院 結城店

ブログ

結城市 むち打ち治療

logo1

あおやま鍼灸整骨院ブログ担当青山です。

むち打ちについて

むち打ちは、主に首やその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などを総称したもので、正式には「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」という診断名が付けられます。車での追突事故やスポーツ、労働などによって、首や背中に衝撃がかかり、首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節のじん帯や筋肉が傷付き、痛みやしびれが現れます。
重い場合は、つらい後遺症を残すこともあり、当院ではリハビリ治療にも力を入れています。

むち打ちの種類と症状

頚椎捻挫型

首の骨である頚椎の周囲の筋肉やじん帯、軟部組織などが損傷されることで、首、肩の痛みや、動かせなくなるなどの症状が起こります。

神経根症状型

頚椎の並びがゆがむことで神経が圧迫され、首・腕の痛みや腕のしびれ、だるさ、頭痛、筋力低下、顔面痛などの症状が起こります。

バレ・リュー症候群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって首から頭への血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼精疲労などが起こります。

脊髄症状型

脊髄が傷付いたり、下肢まで伸びる神経の損傷により、下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れます。尿や便が出にくくなる膀胱直腸障害を起こすこともあります。

妊娠中のむち打ち治療

妊娠中のむち打ち治療妊娠中の交通事故は、むち打ちの症状である痛みや吐き気が事故によるものか、つわりによるものかどうかの判別がつきにくく、また妊娠中の身体は非常にデリケートなため、かかりつけの病院や治療院が交通事故治療を積極的に行ってくれないといった声をよく聞きます。
仮に治療を受けても、湿布薬や投薬などの処方ができないため満足な治療を受けられず、痛みや症状を我慢するしかないと悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
当院では手技を中心に、妊娠している方に ついても負担の少ない施術を行っております。その他、妊娠・出産に関するご相談も承ります。ぜひ一度お問い合わせください

koutuujiko_bnr_big

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る