あおやま鍼灸整骨院 結城店

ブログ

結城市の整骨院による腰の痛み対策

本日は腰痛についてお伝えします!

腰痛を訴える人の率は最も高く、全人口では約10人に1人、65歳以上では約5人に1人が腰痛を自覚しています。

整骨院を受診される患者の中で最も訴えの多い症状が腰痛です。腰痛が起こる病気はたくさんあり、内臓の病気でも腰痛が起こることがありますが、腰椎(体を支える腰骨)またはその周辺の組織・筋肉や神経に何らかの異常がおきている場合がほとんどです。

 

腰痛は幅広くあらゆる世代に見られますが、年代によっても原因に特徴があります。腰痛は突然起こったものなのか(急性腰痛)、いつの間にか始まって長く続いているものなのか(慢性腰痛)に大きく分けられます。慢性腰痛はひとくくりに「腰痛症」と呼ばれることもありますが、原因がわかればそれぞれの病名がつけられ、治療方針に沿って治療を進めていくことができます。

 

もうひとつ非常に重要なことがあります。腰だけが痛いのか、あるいは腰から響くような痛み(放散痛)や腰以外のおしりや太もも・脚の痛みやしびれも同時に出現していないかということです。腰骨の中には神経が通っており、それが分かれて脚の運動や感覚をつかさどります。腰椎の病気で神経を圧迫すると、脚が悪くないのに脚の痛みやしびれが出現することがあります。ひどい場合は、足の力が抜けたり(麻痺)、少し歩くと痛みや痺れで休まなければいけない(間欠性跛行)、排尿や排便の際に違和感を感じるといった神経の症状が出現することがあります。

 

人間は痛みには敏感ですぐに受診する人が多いのですが、こういう神経の症状はひどくなるまで軽んじたり、年のせいにしてしまう傾向があります。ところが、こうした神経の症状は痛みよりも軽視できないサインで、治療が遅れると回復が難しくなる場合がありますので、なるべく当院までご相談ください!

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る