あおやま鍼灸整骨院 結城店

ブログ

結城市 整体院 オスグッド治療

logo1

ブログ担当、青山です。

本日も健康情報をお伝えします!

本日はオスグッドについて

オスグッド病

オスグッド病小学校高学年から中学生に多く見られる膝(ひざ)の痛みです。
膝と言っても、ひざのお皿の少し下の痛みです。
発育期のスポーツを行っている子供に多く、スポーツはスポーツでもサッカー、野球、バスケットボールなど沢山走るスポーツを行う子供に多く見られます。
症状としては、お皿の下の骨が徐々に突出してきて、その部分が痛い!となります。赤く腫れたり、熱を持ったりする事もあります。
最初は、少し皿の下が痛い…くらいだったのに、今では正座すると、床に当たって痛い…
少し走ると痛い…となると、オスグッド病になっている可能性が高いです。

オスグッド病の原因

太ももの筋肉(大腿四頭筋)は、太ももから膝下まであるとても長い筋肉です。
大腿四頭筋の下部の端は、膝の下のすねの骨まであります。
大腿四頭筋は、歩く時や座った状態から立つときなどに多用する筋肉ですが、スポーツの時に、走ったりジャンプしたりすると更に使う事になり使い過ぎいわゆるオーバーユーズになりやすいのです。
特に、成長過程の子供の骨は柔かいためオーバーユーズになり、大腿四頭筋の下の方の筋肉が細くなっている部分で筋損傷を発生すると、骨まで影響が出ることがあります。

オスグッド病の改善方法

基本的に、休んでいると痛みが無くなります。
スポーツはストップです。
少し良いからといってスポーツを始めると痛みが再発する事が多いです。
膝の痛みのある部分を、冷たいシップや氷嚢(アイスノン)などで冷やすのも効果的です。
痛みが、落ち着いて来ても膝の下が盛り上がってしまった場合は、炎症が引いて痛みが緩和されても盛り上がった部分がいろんなところにぶつかりやすくまた、再発もしやすいので、スポーツ活動時はオスグッド専用サポーターやテーピングで固定することをお勧めします。

あおやま鍼灸整骨院グループならではのオスグッド病治療

あおやま鍼灸整骨院グループでのオスグッド病の施術は、まずオスグッド病の患部に、微弱電流と言う電気を全く感じない、微弱な電気を流し、炎症を抑えます。
その次に、太もも(膝から上)のストレッチを行います。ストレッチはご自身でも出来るように指導も行います。
ストレッチの指導が終わりましたら、最後にオスグッド患部を冷湿布(お家へ帰るだけなら)か、テーピング(移動などがある場合)を行います。
オスグッド病は、患部が盛り上がるケースが多いので、盛り上がりを抑える意味でも、テーピングや場合によっては、包帯固定も必要となります。

オスグッドに効果的な対応方法は、やはり大腿四頭筋(まえの太もも)のストレッチです。

しかし、このストレッチを間違って行うと逆効果、あおやま鍼灸整骨院グループでは、おひとりおひとり違うオスグッド病の症状に合わせた対応や処置を行いますので、安心下さい。

口コミについて

1年間の激痛に苦んだオスグッドを克服したバスケット少年とお母さんにお話を伺いました。

ー いつからどのような症状でしたか?

母:1年前に、病院でオスグッドと言われました。

バスケットボールをやっているんですが、前日までは痛くなかったのに、朝起きた時、急に膝が痛いと言い出しました。

通っているバスケットボールのクラブでは、毎年1人くらいオスグッドの子がいたので、「あっこれは!」と思い、病院に行ってレントゲンを撮りました。

病院の先生には、「成長痛でオスグッドでしょう」と言われました。

ー その時はどんな処置をされていましたか?

母:とりあえず骨に異常がないかを調べたかったので、整形外科でレントゲンを撮ってもらいました。

でも、「成長痛ですぐには良くならないから運動量を控えるように」と言われ、湿布を渡されただけでした。

それだけでは不安だったので何かいい方法はないかと思い、電気やストレッチやオスグッドベルトなども試したのですが、いっこうによくなる気配がなく、まぁ・・しょうがないのかな・・と諦めていました。

ー 整骨院などには毎日通っていたのですか?

母:はい。行ける時は毎日行ってました。

電気をあててから動くと動きやすいようなので、練習や試合の前に行っていました。

でも、徐々に痛みが増してきたみたいでしたね。

ー どんな痛みでしたか?

子:叩かれてるような痛みだった。

母:こちらに来る2週間くらい前からすごく痛そうでした。

バスケットの試合で思うように動けず、痛いのと悔しいのとで、試合が終わる度に泣いたりしていました。

これはちょっとオスグッドだけではないな!?と思い、スポーツ外来という少し大きい病院にも通っていました。

そこでも「ストレッチをしなさい」と言われるだけで、ちょっと要領を得ない感じでしたね。

ー どのようにして「あおやま鍼灸整骨院グループ」を知ったのですか?

母:何しても痛かったようなので、何かいい方法はないのかとインターネットで調べていました。

そして、こちらのホームページを見つけ、オスグッドの事が書いてあったので、ちょっと試しに行ってみようと。

こちらで診ていただいたら、やはりオスグッドだけではなくて「靭帯にまで影響が出ているよ」と言われました。

ー 初めて施術を受けた時はどんな感じでしたか?

母:最初こちらに来た時は、最悪で、まともに歩けず学校に行く時も足を引きずった状態でした。

登山遠足もあり、それでまた痛めてしまったみたいで・・。

最初に診て頂いた時も、軽く動かしたり触られたりしただけで痛かったみたいですね。

1回目の施術の時は、「真っ直ぐ立って」と言われても、膝が痛くて伸ばせなくて踵がつかなかったんです。

2回目の施術で、少し変化がでてきたのかなぁ、という感じでした。

3回目で、立ってごらんと言われて立ったら、踵がつくようになっていて驚きました。

「踵がついてるっ!」と本人もすごいびっくりしていました。

やっぱり、やってもらうと「軽くなった。軽くなった」って言うんですよ。

cimg2381

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る